レーザー脱毛って、そもそもどんな脱毛?あなたの気になる!を解消♪

脱毛は、美容の観点から体毛を除去することで、さまざまな方法で行なうことができます。
脱毛サロンで行なわれるフラッシュ脱毛は、安価で脱毛することができますが、その分脱毛期間が長く永久脱毛はできないとされています。

対して医療機関で行なわれるレーザー脱毛は、医療用レーザー機器を使った脱毛方法になります。
医療機器ですので医師などの医療従事者しか使うことができない機器です。
レーザー光線は、波長の長さによって特定の色や物質に作用する性質を持ちます。
その性質を用いたのがレーザー脱毛で、皮下の黒いメラニン色素に反応させて集中的に熱を加えることで組織を壊して脱毛します。
これを選択的光熱治療といいます。
レーザーを照射することで、皮下の黒い毛に熱が吸収されて毛を伝導体として毛包全体に熱が伝わり、
その熱が周囲に広がって毛を作る毛球部の毛母細胞を壊していくことで永久脱毛を行ないます。
レーザー脱毛はフラッシュ脱毛と仕組みは基本的に同じですが、照射するレーザーの出力は強いため
フラッシュ脱毛と比べて脱毛効果が高く、短期間で脱毛を終わらせることができるというメリットがあります。

しかし、レーザー脱毛にもデメリットはあり、男性のヒゲのように狭い範囲に密集している太い毛、
手の甲や顔などに生えているメラニン量の少ない産毛などには難しいとされています。
産毛もレーザーで処理したいと言う場合には、ロングパルスヤグレーザーやフォトRFと呼ばれている機器を使っているところで施術することがおすすめです。

レーザー脱毛は医療機関で行なわれる脱毛です。
そのため衛生管理も良く、万が一トラブルがあってもすぐに処理してもらうことが
できるという面でも良いため安全に行ないたい場合にはおすすめの脱毛方法となります。