レーザー脱毛って、剛毛でも毛はなくなる?毛が濃いと無理?毛が薄くないとダメ?

「自分は毛が濃いから、レーザー脱毛しても効果がないかもしれない」と不安に思われている方は多いかもしれません。
しかし、それは誤りです。なぜなら、レーザー脱毛は、剛毛の方が効果が高いのです。
毛が濃いことで苦労されてきた方にとっては、にわかには信じられないかもしれませんが、
このことを理解するためにはレーザー脱毛の仕組みを知る必要があります。

レーザー脱毛は、肌にある波長の光(レーザー)を照射して行う脱毛法です。レーザー光は、黒い色素と反応して熱を発生する性質があります。
人間の体で言うとそれがメラニン色素にあたります。レーザーは、毛に含まれるメラニン色素と反応し、毛をつたって毛包内に熱を伝えます。
その熱で発毛をつかさどる毛母細胞が破壊されます。毛母細胞が破壊されると、生えている毛は脱毛し、次の毛は毛生えることができません。
これがレーザー脱毛の仕組みです。

この仕組みを理解すると、剛毛であるほど、レーザー光が強く反応することが分かるのではないでしょうか。
逆に産毛などの薄い毛では、メラニン色素が少なく、毛母細胞に完全にダメージがなかなか与えられず、脱毛の施術回数が増える傾向にあります。
例えばお腹や背中の毛などは、どんな方でも手足に比べて毛が細いと思います。
こうした部位を完全にツルツルにするにはある程度の脱毛期間がかかることがあります。

剛毛で良かったなどということは自己処理をしている間には決して思ったことはないかもしれませんが、
脱毛の施術をする場合においては効果が現れやすいというメリットがあるのです。
つまり今現在、剛毛の方ほど、毛が濃くて悩んでいる部位ほどレーザー脱毛がおすすめだと言ってよいでしょう。