ニードル脱毛光脱毛と光脱毛、本当に生えてこなくなるのは?どっちがいいの?

ニードル脱毛と光脱毛、良く聞く脱毛法ですが、仕組みや効果にどのような違いがあるのでしょうか。

ニードル脱毛は、その名の通り、針を使用して行う脱毛法です。光脱毛が開発される前から、永久脱毛の方法としてエステサロンなどで行われてきました。
毛穴一つ一つに針を刺して、電気を流すという脱毛法で、高い脱毛効果を誇ります。
毛穴に針を刺すため、毛包の奥にある毛母細胞に確実に働きかけることができるためです。

しかし、莫大な時間がかかること、相当な痛みが伴うことから全身脱毛をする場合は大きな負担があります。
また、かかる時間に比例して脱毛費用もかさみます。
そのため最近ではニードル脱毛を希望する方は少数派と言えるでしょう。

ニードル脱毛に変わって脱毛の主流となっているのが光脱毛です。ある波長の光を肌に照射することによって、脱毛する方法です。
一回の照射面が広いことから、一度に広範囲の施術が可能です。
また、痛みも少なく施術を受ける際の負担が少ないのが特徴です。費用も安く、誰でも手軽にできるのも人気の理由です。

しかし、光脱毛はニードル脱毛に比べて脱毛の効果は弱いというデメリットがあります。
照射する光はメラニン色素と熱反応し、生えている毛をつたって毛包内に熱を加えます。
その熱で毛母細胞に働きかけるという仕組みのため、毛母細胞に与えるダメージが弱く、時間がたつと毛が再生してしまう可能性が高いのです。

効果という点ではニードル脱毛に軍配があがりますが、それでも現在は脱毛法としては負担が大きく主流からはずれています。
確実に脱毛したい小さな部位や、残ってしまった数本のムダ毛を脱毛するのには良い方法と言えるでしょう。
しかし、現在では全身をニードルで脱毛するのはあまり現実的とは言えません。