光脱毛ができる部位ってどこ?全身できるの?出来ない部位は?

光脱毛が脱毛できる部位は腕、足、背中といった大きな部位やひざ、ひじ、わきといった小さな部位に分けられます。
光脱毛の場合には薄毛や細い毛がうまく認識できないことから処理がしづらいですし、効果があまりみられないという欠点もあります。
そのかわり刺激が少なく、肌に優しいというのがメリットになります。
レーザー脱毛とは違って、脱毛する面が大きめなので、短い時間で広い部位をケアすることができます。

レーザー脱毛も細くて薄い毛ができないというデメリットがありましたが、最近の改良マシンでは顔や首、手の甲などの細かい部分もケアすることができるようになっています。

光脱毛ではエステサロンで利用されているマシンでもあることから、台数も多く設備投資がかかることから、投入しているマシンを交換変更したりすることは簡単にはできないという事情もあります。
できる部位は少なく、プランもコースも限定されることになりますが、その代わり料金がリーズナブルになったり、金額の大きなプランを申込みした時には他のサービスが受けられたり、割引サービスが適用になったりすることでお得に長期的に脱毛をすることができるようになっています。

エステサロンでは光脱毛の効果だけでなく、エステサロンに通うというステイタスも味わうことが出来ますし、1流の美容スタッフにケアをしてもらえるという贅沢感も味わうことが出来ます。
できればレーザー脱毛である程度処理をしておき、きれいを維持するためにエステサロンを利用するというのが経済的にもおすすめです。
生えてきた部分だけをケアすればよいのですし、できる部位が少なくても目立つ部位はきちんとケアできるようになっているからです。